まちかど学問のすゝめ

◆フリースタイル「茶飲み」話 よろしければお耳拝借◆

 こだちのカフェのマスター村井俊哉さん、あなたは高校のオーケストラでひとつ上の先輩でした。弦楽器と木管楽器はあまり交流ないんですが、僕はけっこう近くの斜め後方から、いろいろ眺めながら弾いている村井さんを、眺めてましたよ。

高校卒業後は医学部に入学してバックパッカーになって、世界中わたり歩いて眺望を広めてこられたそうですね。しばらくして、精神科医と編集者という間柄になってからは、囲炉裏を挟んだり、ジャズ喫茶で小声で談判したりで、5冊の本をご一緒してきました。僕がサラリー生活からの卒業を考えだしたときも、水炊きをご一緒しながら、こんな「連載&セミナー&書籍」融合プランを村井さんと話せたのが、弾みになって今にいたります。

その後もバックパック症からは抜けられずに、村井さんは東海道五十三次を踏破するは… 京都市街地すべての小路をしらみつぶしに歩くは… と、脚で見聞を重ねておられるそうですね。そんな村井さんとこうして《“まちかど”学問のすゝめ》をスタートできて、わくわくしています。さて、どんな展開になることでしょう?!

――木立のカフェ常連(出版アドバイザー)談 (2018年/冬)

まちかど学問のすゝめ

そうは言っても…やはり教養は必要?
後編

更新|2021年7月6日

記事を読む

教養って…本当に必要?
前編

更新|2021年6月1日

記事を読む

精神科医と教養
後編

更新|2021年1月21日

記事を読む

精神科医と教養
前編

更新|2021年1月15日

記事を読む

広大で肥沃なマージナル領野

更新|2020年8月24日

記事を読む

暗がりでの捜し物

更新|2020年3月11日

記事を読む

無くてもいいもの だから大切に…

更新|2019年10月26日

記事を読む

どうして? 科学が芸術を語るの??

更新|2019年6月28日

記事を読む

真実はひとつだろうか? 後半

更新|2019年1月27日

記事を読む

真実はひとつだろうか? 前半

更新|2018年12月25日

記事を読む

木立のカフェ OPEN!
煎りたて 挽きたて 淹れたての一杯

更新|2018年10月26日

記事を読む