逃げるが勝ちの心理学

◆その支配からの/闘いからの「卒業」◆

コロナ状況にあって殊のほか注目を集めコロナ時代に入って「リモート」がデフォルトになった感も...。いざ緩和されて対面で会えるようになるや、今度はその「交わり」が億劫だったり、苦痛になったり、していませんか? / そんなときに踏ん張ると、心や体に無理が生じて、大きく調子を崩したり... ――それは「自分を追い込む」選択が正解ではなかったのかも... / たちうちできない相手や状況で尻尾を巻いて退散するのは「みっともない」と思われるでしょう。けれど、皆が闘いあって創られてきたこの社会・世界は、いま、変わりどきかもしれません... 「逃げる」勇気をもつことも、多様な生き方のひとつではないでしょうか! / このマガジンでは、「ひきこもり」が専門の精神科医(九州大学医学研究院准教授)加藤隆弘さんが、こころを護るための「逃げる」ヒントを、読者の皆さんと探します。対人援助に携わる方(医療・福祉・教育・心理)にもぜひ読んで頂きたいです。

――加藤隆弘(ひきこもり見守り隊長)

逃げるが勝ちの心理学

07: 先生 せんせい! って呼ばれたくない?!

更新|2022年6月24日

noteで記事を読む

記事を読む

06: 「休む」ことは逃げること!?

更新|2022年5月13日

noteで記事を読む

記事を読む

05: 春よ来い? 冬眠していたい…?

更新|2022年4月8日

noteで記事を読む

記事を読む

04: 難なく育った子を… むかえる困難

更新|2022年2月11日

noteで記事を読む

記事を読む

03: 子どもの頃、特に困ったことは無かった

更新|2022年1月7日

noteで記事を読む

記事を読む

02: 外に出なくたって… のNEWノーマル

更新|2021年12月3日

noteで記事を読む

記事を読む

01: ただ怠けているだけ じゃないの?

更新|2021年10月29日

noteで記事を読む

記事を読む