新刊案内木立のブックス

たましいの心理臨床

こころの水脈をたどって

困難を前に立ちすくむ人に、どのように出えるか?
このことを日々考えるのが《心理臨床》という営みです。
考えや感覚は別々でも、深いところで交わり重なるとき、“たましい”が響きます。
人との人との間をつなぐには、まず、こころの「水脈」を尋ねあてるところから……。

たましいの心理臨床岡田 康伸 監修
菅 佐和子 編著

発行:木立の文庫

A5判 上製
264ページ

価格 3,600円+税
ISBN978-4-909862-14-3

★お急ぎのご購入はこちらから★
(小さ子社/リトルズとの共同Webショップへ移動します)


人はさまざまな場面で人に出会います。
友人との出会い、子どもと大人の出会い、別れの出会いもあるかもしれません。
こうした場で胸に手をあてると「こころ」がなにか呟いています。
そして出会いの呟きあいに耳を澄ますと、“たましい”の囁きが聞こえます。


編集部より
本書は監修者:岡田康伸先生の長年の功績と喜寿を祝うかたちで、日ごろ研究会で集う若手や中堅の臨床家が、おのおの大事に温めている〈心理臨床〉の営みと思索を開陳したものです。

多様な実践から紡がれた論考から浮かびあがったのは、岡田先生の師:故河合隼雄先生の教えがいまも深い”水脈”として滔々と流れて、地表へ染み出て“人の出会い”を潤している、という隠れざる現実でした。

みずからが監修し、記念に寄せられた論考に逐一、コメントが付されるという希有なスタイルにも、じつはこの流派の切磋琢磨の歴史が刻まれています。深層の心を「影(シャドー)」の視点から読み込み「ファンタジー」の創造に立ち会う、岡田康伸の深い眼差しにあふれた本です。


〇詳しくは…
本の情報サイト:版元ドットコム(https://www.hanmoto.com/)にお立ち寄りください。
内容サンプルほかいろいろな情報がございます。

〇お求めは…
最寄りの書店やオンライン書店へご注文ください。

〇書店様へ…
トランスビュー※ 木立の文庫の商品は、トランスビューと鍬谷書店の取り扱いで納品します。
※ トランスビュー直接取引の条件は、他の商品とすべて同じです―返品随時可。
※ 鍬谷書店以外の取次帖合書店様にも送品可能です。
★ ご注文は、1冊からお気軽にどうぞ!