【きたやまWebinar】臨時企画のご案内

Webinar のご案内 
きたやまWebinar
こころが言葉になるとき
コロナと日本人の心

2020年8月3日(月)20:00(〜21:30)
受講無料(公開講座限定)

【きたやまWebinar】臨時企画

【きたやまWebinar】では
“こころが言葉になるとき”を各回共通の通奏テーマとし
回ごとに「ニュアンスに富むキーワード」をピックアップして
わたしたち日本人の「こころ模様」を描くことを目指しています。

第2回は、テーマテキストのきたやま先生の著作の中から
“愛について”をサブテーマとしました。

今回は臨時企画として
この数ヶ月、世界中の人たちが毎日のように見聞きしている
「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」に注目し
“コロナと日本人の心”と題して、Webinar の可能性も探りながら
この「感染」騒ぎのなかで浮かび上がる「深層」の心と社会を
考えてみようと思います。

指定討論には石川与志也先生をお迎えします。

北山 修
ホスト:司会・講義

きたやまおさむ(北山 修)

精神科医・精神分析家であり、九州大学教授、白鴎大副学長などを歴任。
1946年、淡路島生まれ。1965年、ザ・フォーク・クルセダーズ結成に参加し、作詞家としても活躍。
著書に『コブのない駱駝』(岩波書店)や『意味としての心』(みすず書房)など多数。

メッセージ
第1回の【きたやまWebinar】では、対人援助の専門家や一般の人たち約150人が集いました。質疑応答も交えながら、新型コロナの重症化リスクが高い人にも、平等に議論に加わる時間が充実しました。なかでは、専門家には思いつかないような鋭い質問も出て、とてもスリリングでした。
私の研究対象は性や死、病気、差別などの「タブー」といえます。【きたやまWebinar】の空間では、タブーの悩み苦しみからいっとき解放されて、関心のある人と少しは自由に話せる空間をつくれるのがいいと感じています。

指定討論者

石川与志也(いしかわ・よしや)

臨床心理士、公認心理師。ルーテル学院大学准教授。
思春期青年期の人格発達についての臨床心理学、精神分析的心理療法を専門分野とし、スクールカウンセラーや単科精神科病院での臨床活動を経て、学生相談所や心理療法専門機関で臨床実践を行う。

受講のお申し込み

【きたやまWebinar】は無料で受講していただけますが、受講に必要なインターネット回線と視聴のための各種デバイスは、各自ご用意ください。
◎受講登録は以下の「受講お申し込みフォーム」にて承ります。必要事項を記入のうえお申し込みください。

お申し込みから受講までの流れ
▼[当サイトでの申し込み後]
・内容確認のための自動返信メールが届きます。
※自動返信メールが届かない場合は、以下の「ご注意」をご覧ください。
▼[開催10日前ぐらい]
・あらためて受講に関するご案内のメール(PDFデータ「ご参加の皆さまへ 事前のご案内」を添付)を送信します。
▼[開催1週間前ぐらい]
・ウェビナーへの招待メールを送信します。
メール内のリンク先からお名前とメールアドレスを事前登録してください。
・登録後には登録確認メールが届きますので、開催日までにメール内のリンクからアプリの確認やダウンロード(デバイスにより必要な場合があります)の準備をお願いします。
(招待メールや登録確認メールが届かない場合は、このメールアドレス(クリックでメーラーが起動します)から、お問い合わせください)
▼[開催前日と開催1時間前]
・リマインダーメールを送信します。

■ご注意:

自動返信メールが届かない場合は、お手数をおかけしますが、迷惑メールフォルダや削除済みアイテム等にメールが届いていないかご確認をお願いいたします。
□携帯電話のメールアドレスからの場合
・受信拒否設定の解除もしくは弊社ドメイン「kodachino.co.jp」からのメールが迷惑メールとして認識されないよう設定をお願いいたします。
□ご入力のメールアドレスに誤りがあった場合
・メールアドレスをご確認のうえ、再度お申し込みをお願いいたします。

【きたやま Webinar】受講お申し込みフォーム

■開催:2020年8月3日(月)20:00〜 受講無料  ■定員:450名
■申込締切日:2020年7月22日(月) ※ただし定員になり次第締め切らせていただきます

受講申し込みを締め切らせていただきました

●当公開講座へのご質問やご不明な点につきましては、当サイトの[お問い合わせ]フォームから承ります。 
▶︎個人情報保護方針