心と人と社会のセミナー【北山 Webinar】公開講座のご案内

Webinar 公開講座のご案内
北山 Webinar
心について
2020年3月2日(月)20:00(〜21:30)
受講無料(公開講座限定)

【北山 Webinar(ウェビナー)】とは?

精神分析家で「こころと文化」を語る北山修氏をホストとしたオンラインセミナー。

日本語臨床研究会(フォーラム)の趣旨を引き継いで、主に臨床家の有料・会員制のセミナーとして
2019年秋に開講しました。Webinarのツールは「Zoom」を使用しています。

【北山 Webinar】のオンラインセミナーでは、PCやスマホ画面上に
まず、ホストである北山氏が登場し司会や講義
次に、指定討論者・ゲスト講師が画面や音声で参加します。

一般参加者は生配信の動画を見るように受講できて
画面には映らずに音声やチャットで質問やコメントができます。

(その他の【北山 Webinar】情報は、Facebookページ「北山精神文化研究所」でご確認ください。)

北山 Webinar

ウェビナー(Webinar)とは?…
英語のウェブ(Web)とセミナー(Seminar)からできた造語で、インターネットを利用して行なわれるオンラインセミナーやそのためのツールやシステムのこと。会場の制限なく開催できて、実施者と参加者のコミュニケーションも可能なうえ、各種デバイスから参加できる数百人規模のセミナーが比較的低コストで実現できることから、従来のWeb会議システムやウェブキャストに変わる新しいオンラインセミナーの形として注目されている。

【北山 Webinar】の公開講座とは?

初の試みとなるWebinarでの公開講座は
今回が5回目となる【北山 Webinar】の有料・会員制の枠を飛び越えての開催となります。

一般の参加者の方々を含め「奥深い“日本語臨床”の世界への誘い」をテーマに
北山氏の著作である『最後の授業 心をみる人たちへ』を一緒に読みながら
「見るなの禁止」という視点について学んでいただきます。

指定討論者は荻本快氏です。

また、今回の公開講座は録画し、後日YouTube等の動画共有サイトで発信する予定です。

北山 修
ホスト:司会・講義

北山 修(きたやま・おさむ)

精神科医、精神分析家、臨床心理学者、作詞家、ミュージシャン
元・日本精神分析学会会長、国際精神分析協会正会員。
『劇的な精神分析入門』(みすず書房 2007年)など著書や共著、翻訳のほか『戦争を知らない子供たち』などの作詞曲も多数。

指定討論者

荻本 快(おぎもと・かい)

相模女子大学准教授、国際基督教大学教育研究所研究員。 精神分析学からみた組織と社会への関心から、神奈川県内で心理療法と集団療法を実践。国際精神分析協会大会(2019年)で「“The Inability to Mourn” in Japan after 1945」を発表。

テーマテキスト:

最後の授業 心をみる人たちへ
(みすず書房 2010年)

第2章 最終講義「〈私〉の精神分析――罪悪感をめぐって」から、「見るなの禁止」という視点について読み解きます。

「公開講座」受講のお申し込み

この「公開講座」は、無料で受講していただけます。
受講に必要なインターネット回線と各種デバイスは、各自ご用意ください。
◎以下の受講登録のみで参加が可能です。

受講登録は「受講お申し込みフォーム」にて承ります。必要事項を記入のうえお申し込みください。
●お申し込み後、内容確認のための自動返信メールが届きますが、あらためて申込締め切り日2/17以降に受講に関するご案内のメールを送信します。

当公開講座は終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

●当公開講座へのご質問やご不明な点につきましては、当サイトの[お問い合わせフォーム]から承ります。 ▶︎個人情報保護方針