まちかど学問のすゝめ 其の七(後編)

《木立のカフェ》はヴァーチャルでリアルな喫茶店。マスターの村井俊哉さんが京都市内の喫茶店をぶらっと訪れて、お客さまと「こころとからだ」「文化・社会」について語り合います。

精神科医と教養

● 村井俊哉:1966年生まれ、京都大学医学研究科精神医学教室教授
● 深尾憲二朗:1966年生まれ、帝塚山学院大学人間科学部心理学科教授
● 常連さん:1967年生まれ、勤務編集者を経て、出版プランナー

常連さん
常連さん

前回に引き続き“まちかど学問”はオンライン・カフェトーク。「精神科医と教養」の後編です。
トークはハイカルチャー/サブカルチャーからモダンアートまで…。
教養はどうして必要なのか?教養とは何なのか?
はたして二人のトークの行きつくことろは?
さてさて、どんなカフェタイムとなったのでしょうか。

前編はこちら


マスター:村井俊哉(むらい・としや)


お客さま:深尾憲二朗(ふかお・けんじろう)

1966年生まれ、京都大学大学院医学研究科講師を経て、帝塚山学院大学人間科学部心理学科教授
専門は、臨床精神医学、臨床てんかん学、精神病理学
著書に『思春期 −少年・少女の不思議のこころ−』(ミネルヴァ書房 2018年)、『精神病理学の基本問題』(日本評論社 2017年)のほか、村井俊哉・野間俊一との共編著に『精神医学へのいざない 脳・こころ・社会のインターフェイス』(創元社 2012年)、『精神医学の広がり 拡張するフィールド』(創元社 2013年)、『精神医学のおくゆき 深化するパラダイム』(創元社 2015年)がある


■編集協力:越川陽介(こしかわ・ようすけ)
関西医科大学精神神経科学教室研究員、臨床心理士・医学博士( “木立の文庫”編集広報フェロー)