【身になる禅のことば】第1回 柔軟心 その壱

身になる禅のことば

第1回

柔軟心にゅうなんしん その壱


藤田一照

 私が禅に関して最も多くを学んでいるのは道元〔1200-1253年〕からです。その若き道元が「正法」を求めて渡った宋代の中国で運命的に出会い、この人こそ自分の「正師」だと確信したのは天童如浄〔1163-1228年〕という禅匠でした。道元が如浄に参師問法した記録と目される『宝慶記(ほうきょうき)』という書物のなかに「大悲を先とする坐禅」についての二人のやりとりがあります。——私が初めて《柔軟心》ということばを目にしたのは、その一節においてでした。

 如浄の『仏祖は常に欲界に在りて坐禅辨道す。[中略]世々に諸の功徳を修して心の柔軟(にゅうなん)を得るなり』という説示に対して、道元は『作麼生(そもさん)か、是れ心柔軟なることを得ん(では、いったいどのようにしたら心が柔軟であることができるのでしょうか?)』と尋ねます。
 如浄の答えは『仏仏祖祖の身心脱落を辨肯する、乃ち柔軟心なり。這箇を喚んで仏祖の心印と作すなり(これまでの仏や祖師たちが体現した身心脱落を納得のいくまで修行することが、すなわち柔軟心である。それこそが仏祖の悟りの証である)』でした。道元は礼拝を六回してこの答をその身に受け取ります。

 “身”を強調しておきながら、どうして“心”という字が入った禅語を選んだのか? と訝かしく思った方もいるに違いありません。
 しかし、如浄によれば柔軟心は「身心」脱落の修行の徹底であるというのですから、“心”だからといって、単なる「心の持ちよう」というような心理主義的な理解をしてはいけないのです。
 普通、身心(通常は「心身」と書く場合が多いのですが、道元は必ず“身”を先において「身心」と表記しますので、ここでもそれを採用します)と書くと「身と(・)心」というように二元的に理解されますが、禅では〈身心一如〉というように一如のものとされます。哲学においても、身心の関係をどう捉えるかということは「心身問題」として長く考究されてきましたが、いまだに多くの説が競い合っているのが現状で、決着してはいません。
 禅では、心は「目に見えないはたらき」、身は「それが目に見える形に現れたもの」と理解しています。心のない身はないし、身のない心もないという意味での〈身心一如〉なのです。
 ですから、仏祖の心印(仏や祖師であることの証)とされるぐらい重要な要件である《柔軟心》は、そういう一如の関係を通して、必ず《柔軟身》としても表現されなければなりません。

 では、《柔軟身》とはどのような“身”なのでしょうか? 次回に考察を続けます。

[あいの手]

No-bodyのこと


西平 直

 道元禅師でしたか。しかも「ソマティックに」。嬉しいです。
 これからの連載で、禅語をどのように「“身体的”な文脈」で解きほぐしてくださるのか。楽しみにしています。

 ところで、「身心脱落」と聞いて、こんな体験を思い出しました。〈無心〉について話をした時のことです。英語を話す人たちの集まりでした。
 〈無心no-mind〉はからだになること。頭で考えるのではなく、“からだ”が自然に動く。意識的に狙うのではなくて、“からだ”がおのずから弓を射る。
 そう理解してもらえたのは嬉しかったのですが、途中から、何か違う、と感じるようになりました。その“からだ”がオートマチックな運動のように語られるのです。もしくは、惰性的な繰り返しが〈無心〉であるかのように語られていたのです。
 それは違います。少なくとも惰性的な繰り返しが〈無心〉のすべてではありません。しかしどう説明したらよいのか分からない。そこで、悔し紛れに“no-body”と言ってみました。
 体bodyが動くのではない。no-bodyが動く。「からだが自然に動く」とは、no-bodyとなった“からだ”が動くこと。心がno-mindになる時、体もno-bodyになる。
 みんな何か感じたようです。もちろん納得したわけではありません。分かったような、分からないような。
 no-bodyが、おのずから、動く。しかも〈気〉に満ち溢れ、生き生きしている。おそらく、禅の方々が「身心脱落」と呼んで注意を促してきたことではないでしょうか。「身心脱落」を通した「身心一如」。
 no-mindになる時、体もno-bodyになる。そのno-bodyになった“からだ”を、日本の思想は〈無心〉と呼んできたのかもしれません。

 「悟った息を見せてみろ」。
でも、悟った息は消えている。消えた息を、さて、ご覧あれ。

藤田一照藤田一照(ふじた・いっしょう)

愛媛県生まれ。
東京大学大学院(発達心理学を専攻)在籍中に坐禅に傾倒、29歳で得度。 33歳で渡米し、17年半にわたって坐禅を指導。2005年に帰国後も、坐禅の研究・指導にあたる。曹洞宗国際センター前所長。Starbucks、Facebook、Salesforceなどアメリカの大手企業でも坐禅を指導する。
2017年、オンライン禅コミュニティ「大空山磨塼寺」開創。
最新著:『学びのきほん ブッダが教える愉快な生き方』(NHK出版 2019年)
●公式サイト http://fujitaissho.info/

西平 直西平 直(にしひら・ただし)

1957年、山梨県生まれ。
東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。
2007年より、京都大学大学院教育学研究科教授。
アイデンティティ、スピリチュアリティなどの問題意識のもと、「稽古」哲学や「無心」論などにも力を注ぐ。
近著:『誕生のインファンティア』(みすず書房 2015年)
『無心論』松木邦裕と共著(創元社 2017年)
『ライフサイクルの哲学』(東京大学出版会 2019年)